バストアップに必要な簡単な運動をお教えします!

バストアップに必要な簡単な運動をお教えします!

小さなバストをなんとかしたいなと思った時、最初に思いつくのがバストアップのエクササイズですね。

バストアップエクササイズといえば、簡単なストレッチからかなりハードなものもありますが、やり方を間違えると逆にバストを小さくさせる要因になっていることもあるので注意が必要です。

今回は、バストアップと運動の関係と、運動をするときの注意点、そしておすすめのバストアップエクササイズについてご紹介します。

バストアップと運動の関係

バストアップと運動の関係

まず最初にバストアップにどのように運動がかかわるかを見ていきましょう。

バストと運動のふかーい関係

バストは、1割の乳腺組織と9割の脂肪組織という構造をしています。

バストアップというと乳腺と脂肪に働きかけることだけを想像してしまいますが、さらに踏み込んでバストのベースとなる大胸筋を鍛えることも大事なポイントです。

運動をして大胸筋を鍛えることで、バストがぐっと盛り上がり、形の良い上向きの美乳を作ることができます。

また、運動によって大胸筋だけでな、広背筋や肩甲骨周辺の筋肉を鍛えることも大事。それらの筋肉を鍛えると背筋がピンと伸びて美しい姿勢になります。

正しい姿勢になれば、より美しくバストを魅せることができますね。

また姿勢を正すことで得られるメリットは外見に関してだけではありません。

猫背など姿勢が悪いと、内臓を圧迫して血行が悪化自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

血行が悪くなれば肩こりも悪化し、冷え性になって内臓が冷えると女性ホルモンを作り出す卵巣の機能も低下することに。

その結果、乳腺の発達や脂肪の付きを悪くしてバストの成長を邪魔するブレーキとなってしまうのです。

適切な運動をして筋肉を鍛えること=バストアップに欠かせないことがお分かりいただけましたか?

バストアップの運動は効果的に

バストアップの運動は効果的に

ただし、運動なら何でもO,Kというわけではありません。

バストにはバストを支えるクーパー靭帯というものがあります。

しかし激しすぎる運動でバストが左右上下に揺れると、クーパー靭帯が切れて下垂の原因に

また脂肪が燃焼し、ぺたんとしたボリュームのないバストになってしまいます。

さらに、全身の筋肉量が増えてしまうと代謝が良くなって、脂肪の塊であるバストの脂肪も使われてしまうことも。

ハードなスポーツを行う一流のアスリートでボリュームのあるバストの女性が少ないのはそのだめです。「最初に胸がやせる」と言われるのは、決して嘘ではないのです。

そのため、バストアップのために運動をするなら、鍛える筋肉を絞り、ピンポイントで関係する筋肉に働きかける必要があります。

バストアップは継続がカギ!毎日続ける

バストアップ

バストアップに関係する筋肉は、日常生活でそれほどしっかり使う部位ではありません。

そのため、一日、みっちりその部分を鍛える運動をしても、数日使わなければ意味がありません。

バストアップのために行う運動で大事なことは、短時間でも良いので、低負荷で毎日続けることです。

それによって綺麗な筋肉が付きますし、一度ついた筋肉を衰えさせずにキープすることができます。

運動するタイミングも重要

また運動をするタイミングも、より効果を得られる方法で行うのがおすすめ。

血行が良くなったお風呂上りなら、体も芯から温まり、筋肉も柔らかくなっているのでケガもしにくくなっているベストタイミングです。

お風呂上りに10分程度バストアップ用の運動をすると習慣づければ、三日坊主にならずに済みますよ。

おすすめのバストアップ運動

おすすめのバストアップ運動

では次に簡単なのに効果絶大のおすすめのバストアップ運動をご紹介します。

合掌のポーズ

背筋をまっすぐに伸ばして立ち、肘は直角になるようにして胸の前で両手の平を合わせます。

左右から息を吐きながら10秒間押し合い×3回行います。

この時、バストの下部分にある筋肉に負荷をかけていることを意識しながら行いましょう。

壁腕立て伏せ

床で行う腕立て伏せは筋力のあまりない女性にはちょっとハードルが高いもの。そこで、立ったまま行う壁を使った腕立て伏せがおすすめです。

手のひらを壁につけたとき肘が軽く曲がるくらいの位置に、肩幅よりも少し広めに足を開いて立ちます。

床で行う腕立て伏せのように、腕立て伏せを行います。こちらも10回×3回行いましょう。

目が覚めたら肩甲骨を開く運動

また、朝、目が覚めたらすぐに起き上がらずに、仰向けで横になった状態で出来る運動をしましょう。

寝た状態で両手を上に伸ばし、肩甲骨を開くイメージで持ち上げながらゆっくりとさらに腕を上に伸ばします。

息を吐きながらゆっくり繰り返し10回行います。

朝、目覚めてしばらくぼーっとしてしまう人には特におすすめ。バストアップと同時にすっきり目覚めにも役立つ運動です。

休息をつかさどる副交感神経優位の体を、活動をつかさどる交感神経優位の体に穏やかに変えることができます。

バストアップサプリを併用している方は、基礎体温を測ってから行いましょう。おすすめのバストアップサプリはこちら

まとめ

バストアップしたいからと何も考えずにやみくもに行う運動は、逆にバストを小さくして垂れさせてしまうので要注意。

また長続きが大事なので、自分が無理なくできるレベル・範囲で行いましょう。

今回ご紹介した運動ならバストにピンポイントに働きかける上に、肉体的にも精神的にも負担が少ないので、ストレスを感じることなく毎日継続できることでしょう。

バストアップには欠かせない運動を無理なく取り入れて、ボリュームのある美しいバストを手に入れましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)