誰でもできる!簡単バストアップのツボ押し方法

バストアップのツボ押し

バストアップのために頑張ろうと、バストアップマッサージに取り組もうという方も多いはず。

でも、バストアップマッサージは、それなりに時間もかかるし手順を覚えるのが面倒。

そんなことが理由でなかなか始められなかったり、始めても三日坊主になってしまったり、なんてことはないでしょうか?

そんなちょっと面倒くさがりなあなたには、とっても簡単なバストアップのツボ押しがおすすめです!

場所さえ覚えてしまえば、後は押すだけ!1日たった1分からでも始められちゃいます。

まだバストアップケアを始められていないなら、ツボ押しから取り組んでみてはいかがでしょうか?

胸を大きくするツボ

バストアップさせるツボはいくつかあります。1つ1つ丁寧に解説しますので、じっくり読んで是非実行してみてくださいね!

ダンチュウのツボ押し

ダンチュウのツボ

バストアップのツボ押しと言えば、ダンチュウ。最も有名なツボです。

ダンチュウはリンパを刺激するツボで、リンパを刺激することで、乳腺の発達を促すことが期待できます。

ダンチュウの場所は、誰でも簡単に見つけられます。

左右の乳首を結んだ中心にあるのがダンチュウです。

ダンチュウを見つけたら、3秒間かけて、ゆっくりとそのツボを押します。

これを5回繰り返すだけでツボ押し完了!簡単なので、ぜひ実践してみて下さい。

テンケイのツボ押し

テンケイのツボ

テンケイは、乳腺を発達させる効果があります。

ダンチュウと似ていますが、ダンチュウよりも直接乳腺に働きかけるため、バストアップ効果はより期待大!

ただ、ツボの場所が少しわかりにくいのが難点です。見つけるまでにちょっと苦労するかも知れません。

テンケイのツボは、乳首と同じ高さにあります。乳房と胸部の境目、骨と骨の間にあるのがテンケイです。

押すと少し痛みを感じるので、いくつか押してみて場所を確認してみて下さい。

テンケイのツボを見つけられたら、そこを親指で「上」へ押し上げるようにプッシュ!

いた気持ちいいくらいの力加減で押すと良いですよ。左右3回ずつくらい押してツボ押し完了です。

エンエキのツボ押し

エンエキのツボ

エンエキのツボは、お肌のハリを保つ効果が期待できます。

また、背筋を伸ばし姿勢を正しくキープするお手伝いもしてくれます。

つまり、下向きバストや垂れ始めてしまったバストに効果的!上向きの綺麗なバストを作ってくれます。

エンエキのツボは、乳首からおよそ10cm程度外側、脇の下にあります。そのツボを3~5回、親指で押しましょう。

血行も良くなり栄養もスムーズに体内を巡るため、バストアップにも効果を発揮してくれます。

シンプウのツボ押し

シンプウのツボ

シンプウのツボは、乳腺の発達と女性ホルモンの分泌を促進してくれると言われています。

まず、バストの谷間に親指を当てましょう。そこから乳首の方へまっすぐスライドさせていきます。

スライドしている途中で、ぺこっと凹む部分が出てくるはず。そこがシンプウのツボです。

シンプウのツボを、適度な力で2~3回、左右押します。女性ホルモンはバストアップと密接な関係があるので、スムーズに分泌させることでバストアップを期待できますよ。

ニュウコンのツボ押し

ニュウコンのツボ

ニュウコンは、女性ホルモンの分泌とリンパの流れを促進します。どちらもバストアップに効果的な作用です。

ニュウコンのツボは、乳頭の真下にあります。乳頭から指2本分くらい下が目安です。このツボを、「3秒押して離す」を数回繰り返しましょう。

ニュウコンのツボはバストアップだけでなく、美容にも効果を発揮するので、ぜひとりいれてみて下さい。

母乳も出やすくなると言われているので、産後の女性にもおすすめのツボです。

チュウフのツボ押し

チュウフのツボ

チュウフは、リンパの流れを良くし、バストアップの効果が期待できるツボ押しです。

場所は、鎖骨から腕の付け根の間にあります。押すと少し痛みを感じるので、その痛みを目安にツボを見つけましょう。

このツボは、これまでと違ってただ押すだけでなく、8の字を描くように刺激します。大胸筋のリンパに直接働きかけるツボです。

リンパの流れをよくするだけでなく、呼吸機能を高める効果もあるので、バストアップしながら風邪予防にも役立ちます。

風邪を引きやすい寒い季節は、ぜひ押しておきたいツボですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。バストアップのツボ押しは、バストマッサージに比べて、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

女性ホルモンや血やリンパの巡りを良くしてバストアップに効果を発揮するだけでなく、生理不順や美容にも効果を期待できます。

ただ、強すぎる刺激はNGです。

ツボを押す力は、いた気持ちいいくらいにとどめましょう。

また、血行が良い状態でツボ押しすると効果的ですが、血行が良すぎるときはちょっと危険です。

お酒を飲んだ後や、サウナに入った後、発熱時などの体の具合が悪いときは、ツボ押しは控えて下さいね。健康な状態のときに行うのが大切です。

ツボの場所は、最初はつかみにくいかも知れませんが、続ければ続けるほど場所の感覚がしっかりしてくるので、ぜひ習慣化してみてくださいね。

一度に全部のツボ押しをしようとすると、また大変になってしまうので、まずは1つから。最もみつけやすいダンチュウのツボから取り組んでみるのがおすすめです。

慣れてきたら、1つ2つと、ツボ押しを増やしていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)