バストアップサプリ服用で生理が遅れる&来ない時の対処方

バストアップサプリ服用で生理が遅れる&来ない時の対処方

バストサイズは女性にとって非常にデリケートな問題です。

大きければ大きいほど良い!というわけではありませんが、小さい場合は「もう少しバストが大きければ」と思ってしまう方も多いことでしょう。

バストアップの方法といえばマッサージや食事など様々な方法がありますが、手っ取り早くて簡単な方法といえば飲むだけでよいというバストアップサプリです。

しかし、正しい使用方法・タイミングで服用しないと、思わぬトラブルが起こるおそれもあるってご存知でしょうか?

その一つが生理が遅れたり来なかったり、周期が乱れたりする生理に関する異常です。

今回は、バストアップサプリ服用で生理が遅れる&来ない時の対処方についてご説明します。

バストアップサプリとは?

バストアップサプリ

飲むだけでバストアップ!というバストアップサプリとはいったいどんなものでしょうか。まずその仕組みについてみていきましょう。

バストの構造とバストアップサプリ

バストは1割の乳腺組織とそれを守る9割の脂肪組織で作られています。

乳腺が少なければそれを守るために付く脂肪も少なくなってバストサイズが小さくなり、乳腺が発達していれば脂肪もたっぷりついてバストサイズが大きくなります。

ということは、バストアップをはかりたければ乳腺を増やし発達させることが重要なポイント

乳腺を増やして発達させることができれば、自然とそれを守るために脂肪がつくようになります。

その乳腺に働きかけるのが女性ホルモンのエストロゲンです。

自力でのエストロゲンの分泌が少ない場合には、不足分を補うものとして用いるのが植物性エストロゲンといわれる成分を配合したバストアップサプリです。

体のバランスを乱すもと?

かといって、バストアップサプリで植物性エストロゲンをどんどん大量に摂取すれば良いというわけではありません。

女性の体は、妊娠しやすい体を作るためのエストロゲンと、妊娠を維持しやすい体を作るためのプロゲステロンの二つの女性ホルモンがバランスをとって交互に優位に立って成り立っています。

そこに不足分を補う以上の植物性エストロゲンを配合したバストアップサプリを取り入れてしまったり、プロゲステロンが優位になる時期(排卵後~生理まで)に大量のエストロゲンを取り込んでしまうと、体内のホルモンバランスが大幅に崩れて様々な不調をもたらします

だからこそ、植物性エストロゲンの中でもダイズイソフラボンの40倍という強力なプエラリアを配合したバストアップサプリの摂取量・タイミングには特に注意が必要となるのです。

バストアップサプリの副作用

正しい量・タイミングでバストアップサプリを使用しないと、様々なトラブルが起こることが分かっています。なかでも生理に関しては、

  • 生理の出血が多くなった・少なくなった
  • 生理が早くなった・遅れるようになった
  • 生理の期間が長くなった・短くなった
  • 生理が来なくなった
  • 生理痛が酷くなった

などの異常があらわれることもあることがわかっています。

これは植物性エストロゲンの摂取によって体内のホルモンバランスが乱れ、月経リズムが変化したことが原因です。

バストアップサプリで副作用が出た時の対策方法は?

バストアップサプリ 副作用

それでは、バストアップサプリを飲むことで生理に変化があった場合の対処法についてみていきましょう。

服用をやめる

体の異常が起こった場合は、ひとまずバストアップサプリの服用をストップしましょう。そして以前の状態に戻るまではしばらく飲まないように。

異常を感じて服用をやめたあとも同じような異変が続く場合は、婦人科などの専門医を受診することをお勧めします。

バストアップサプリをチェック

次に、服用していたバストアップサプリの配合成分や口コミを見て、信頼できる高品質なものかどうかチェックしてみましょう。

数あるバストアップサプリの中には、品質の悪い成分を使っていたり、混ぜ物が多かったり、クオリティに問題があることもあります。

特にプエラリアを配合したサプリは、原材料が貴重で高価なもののため、安く販売することは現実的に難しいものです。

プエラリアを高配合とうたいながら驚くほど安いバストアップサプリは品質に問題があることも多いので注意が必要です。

基礎体温をチェック

また、排卵に異常がないかを調べるために、基礎体温もしっかりつけておいてください

普通の体温計ではなく、さらに細かく計測できる婦人用基礎体温測で正確に測るようにしましょう。

リズムが戻ったら最小限からスタート

服用をやめた後に以前の状態に戻ったのなら、次に飲み始める時には最少量から始めるようにしましょう。

そして、飲む時期は排卵後~生理までの黄体期(プロゲステロンが優位になる時期)を避け、生理後~排卵までの卵胞期(エストロゲンが優位になる時期)だけに限定します。

その間もバストアップサプリを飲んで良い時期を管理するために、しっかり基礎体温は測っておきます。

もっとも基礎体温が下がる「最低体温日」=「排卵日」がちゃんとあるかどうかもチェックしましょう。

面倒に思われるかもしれませんが、表面に表れないちょっとした異変も見逃さずに自分の体を守るために必要な作業です。

まとめ

植物性エストロゲンを配合しているバストアップサプリは飲む時期と飲む量さえ間違わなければ、生理に悪影響が出ることはあまりありません。

分の体のためにも、早くバストアップしたいからと用法・用量を無視した無理な飲み方を決してしないようにしましょう。

またバストアップサプリが体に与える影響は飲む人によって異なります。

自分に合った飲み方・量を見つけて、極力、体に負担を与えないように続けるようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)