バストアップサプリで胸が大きくならない理由とは?

「セルノート」の効果的な使い方

正直な話、ちょっと疲れるマッサージや面倒な食事管理などはちょっと苦手。でも、飲むだけで体の内側からバストアップに働きかけることができるバストアップサプリなら簡単!

と勢いこんで使ってみたのはいいけれど、なかなか期待したほどサイズに変化がない・・・というケースも残念ながらあります。

女性ホルモンに似た成分を配合することで、バストを作っている乳腺の本数を増やし発達させるというアプローチをとるバストアップサプリ。

そのメカニズムから考えると当然なんらかの変化があると期待できるのに、大きくならないのはなぜでしょうか?

今回はバストアップサプリで胸が大きくならない理由についてみていきましょう。

バストアップサプリの飲み方が正しくない

バストアップサプリの飲み方

バストアップサプリを飲んでも何の変化もないという場合、飲み方が間違っている可能性があります。

飲む”タイミング”が間違っている

バストアップサプリの中でもプエラリアを配合したサプリメントは飲むタイミングに注意が必要です。

プエラリアは植物性エストロゲンなので、生理のあとから排卵日までのエストロゲンが体内で優位になる時期に飲むことが大事なポイント。

排卵日から生理まではプロゲステロンが優位になるため、その時期にもバストアップサプリを飲んでしまうと体内での女性ホルモンのバランスを崩してしまうことになります。

そうなるとエストロゲンの作用によって乳腺の成長をサポートすることができないばかりか、体調不良などの様々な副作用を引き起こすおそれが。

飲む”量”が多すぎる

飲むタイミングは間違っていなくても、即効性を期待して1日の目安以上に飲んでしまう女性もいらっしゃいます。

バストアップサプリを多く飲んだからといって、バストが急に大きくなるわけではありません。

それどころか、生理不順・不正出血、吐き気や嘔吐、最悪の場合は子宮がんや乳がんなどのおそれもあります。

飲む”量”が少なすぎる

飲む量が少なすぎる場合も、変化が表れにくくなります。

バストアップサプリは、通常のサプリに比べて高価であるため躊躇してしまうかもしれませんが、適量を摂取しないと効果も表れにくくなるので適切な量を摂取しましょう。

タイミング・用法用量は自分に合わせて

また、人によってプエラリアの許容量は異なります。

あくまでもサプリの摂取は一日の限度以内で自分に合った量・タイミング(食前・食後・寝る前など)で飲むようにしましょう。

せっかくのバストアップサプリなので、ちゃんと効果が実感できるようにするため、また百害あって一利なしのものにしないようにするために、自分の体質・体調に合わせてサプリを摂取することが必要です。

体質の問題でバストアップサプリが効かない?

体質の問題でバストアップサプリが効かない?

変化が表れにくい原因として次に考えられるのは本人の体質・体調です。

バスト=脂肪の塊

バストは、1割の乳腺組織と9割の脂肪で作られています

思春期になると女性ホルモンのエストロゲン等によって成長とともに乳腺が増えて発達し、その大事な乳腺をガードするために脂肪がついてバストが形作られます。

バストアップサプリで乳腺を増やして発達させても、本人の体質や体調などによっては脂肪が付きにくく、目に見えての変化があらわれづらいこともあります。

太りにくい体質

実際、乳腺にバストアップサプリを使って働きかけることができても、体質によってはそこにしっかりと脂肪がつかないこともあるようです。

具体的には、普段たくさん食べているのに全然太らないという方に多いようです。

人によって、何を食べてもすぐに太ってしまうという方もいれば、大食漢なのに嘘みたいに細い方もいるなど、食べた分がどのように体に蓄積されるか?というのは個人差が大きい部分です。

もちろん、筋肉質で基礎代謝が高い人や、普段からよく運動する人などは、食べた分と同じく、もしくはそれ以上に摂取したカロリーを消費しているので、バストをアップさせる用にまで脂肪がつかないという可能性もあります。

ダイエット中

もしくは、ダイエット中でカロリーを制限している場合も考えられます。

人間の体の最優先事項はやはり生命活動を維持すること。ダイエットによって摂取カロリーを制限すれば、当然、先に生命維持のために使われてしまいます。

その結果、バストアップサプリを飲んでいても、バストに脂肪を蓄積できるほど余剰な分がなくなってしまい、バストサイズが変わらないということになってしまうのです。

バストアップサプリの利用とダイエットは別の時期に行いましょう。

バストアップサプリの有効成分の質と量

バストアップサプリの有効成分の質と量

価格重視で安易にバストアップサプリを選んだ場合にも、変化が表れにくいケースが多いようです。

プエラリア=稀少で高価

女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするというプエラリアを含んだプエラリアミリフィカは、非常に稀少なものです。

その成分を高濃度に配合しているバストアップサプリメントなら、やはり値段も高価になってしまうのは仕方がありません。

バストアップサプリの中には、プエラリア配合と記載されていても妙に価格が安いものもあります。

この場合、もしかしたら混ぜ物をしていたり、品質が悪い物である可能性も否定できませんし、プエラリア高配合とうたっていながら配合量が非常に少ない場合も考えられます。

その結果、指定された量を正しく飲んでいても体の中での働きかけが十分にできずにバストの変化を実感できないのかもしれません。

変化がでないことよりも恐ろしいのが、品質の悪いサプリを飲むことで体に与える害やダメージです。

せっかくバストのためと買い求めたサプリのせいで、体調を悪くしてしまうことになっては泣くに泣けませんね。

価格が高いバストアップサプリ=良い物とは必ずしも言えませんが、バストアップサプリを選ぶ場合には、購入前に配合成分と口コミのチェックをしっかり行いましょう。

生活に問題あって胸が大きくならない?

生活に問題あって胸が大きくならない?

バストアップサプリの問題以外にも、自分の生活に問題がある場合も考えられます。

睡眠不足

バストアップに欠かせないホルモンには、女性ホルモンのほかにも成長ホルモンが挙げられます。

成長ホルモンは入眠後の数時間の間にたくさん分泌されるため、質の良い睡眠と睡眠時間の確保が欠かせません。

いつも夜遅くまで起きている方、寝ても眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう方などは要注意。

睡眠時間が少ない、睡眠時間が多くても質が悪い場合、バストアップに必要な成長ホルモンが足りなくなってしまい、せっかくのバストアップサプリのヘルプが無駄になってしまうことも。

良質でしっかりとした睡眠時間を確保するためには、

  • 寝る前にはスマホやパソコン、ゲームなどで目や脳を刺激しない
  • 寝る前に食事をしない
  • 入浴後は軽いストレッチ等をして、体温が下がり始めるころに寝るようにする
  • 寝室を整える(自分に合った寝具を選ぶ、湿度や明るさや香りなど眠りやすい環境にするなど)

などの工夫をするとよいでしょう。

またストレスで交感神経が高ぶっている場合も不安や心配で穏やかに寝ることが難しくなるため、ショッピングやおしゃべりやスポーツなどで適度に発散し、ストレスをため込まないようにしましょう。

栄養不足

忙しくて栄養バランスの乱れた食事をしていることもバストアップを阻害する原因の一つです。

時間がないからと食事を抜いたり、食べたとしてもコンビニ弁当やジャンクフード、冷凍食品のような添加物たっぷりの高カロリーの食事ばかりを続けていれば、バストアップはもちろんのこと健康・美容に良いわけがありません。

忙しくても栄養バランスのとれた食事を規則正しくちゃんと食べることも普段から心がけましょう。

まとめ

せっかくバストアップサプリを飲んでいるのに変化を実感できないとがっかりしてしまうのは当然です。

しかしその原因はもしかしたらサプリそのものの品質や自分の飲み方・生活習慣にあるかもしれません。

もう一度、飲んでいるサプリや自分の生活などを見直してみるようにしましょう。

おすすめのバストアップサプリはこちらを参考に!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)