バストアップサプリの過剰摂取で起きてしまう体の異常

バストアップサプリの過剰摂取で起きてしまう体の異常

胸をもっと大きくしたい!と願う女性の救世主となりうるのが、バストアップサプリですね。

バストアップサプリを飲めば誰でも簡単にカップサイズが大きくなる!とうたっているものも多く、「それなら試してみよう」と気軽に始める方も多いのですが、そこにはやはり注意点があります。

それも、重大な副作用を起こすかもしれないという大きな問題なので、バストアップサプリを飲む前にぜひとも今回ご紹介する体の異常を引き起こす過剰摂取の問題について知っておきましょう。

バストアップサプリは本来安全なもの

バストアップサプリは本来安全なもの

バストアップサプリはあくまでもサプリメント(食品)の位置づけなので、適正な量を摂取する限りほぼ問題はないといわれています。

バストアップサプリとは?

商品によって異なりますが、バストアップサプリはメイン成分に女性ホルモンのエストロゲンに似た植物性エストロゲンを配合しているものが多く販売されています。

植物性エストロゲンとは植物から抽出したエストロゲンに似た構造をする成分のことで、具体的にはプエラリアミリフィカの根塊から抽出したプエラリア、大豆やブラックコホシュに含まれるイソフラボンなどがあります。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性のバストに働きかけ、乳腺を増やす働きがあります。

母乳を分泌するという重要な役割を担う乳腺が増えれば、その乳腺を守ろうとその周りに脂肪が付き、バストアップが実現できます。

そこで、不足分のエストロゲンを補うために植物性エストロゲンを補給し、乳腺に働きかけようという目的で作られているのがバストアップサプリです。

バストアップサプリは適量を

食品であるバストアップサプリには薬のような即効性はありませんが、自分の体にあった量・タイミングで摂取すれば、女性ホルモンバランスの乱れや不足を補い、体に負担をかけることなくバストアップしやすい体に導いてくれる役立つアイテムです。

しかし、中には即効性をバストアップサプリに求めて過剰摂取をしてしまう方や、自分の体のタイミングを考えずに摂取してしまう方もいらっしゃいます。

そうやって間違ってサプリを摂取することが、様々な体の異常を引き起こす引き金となってしまうのです。

バストアップサプリの過剰摂取による体の異常

バストアップサプリ異常

では次に量やタイミングを間違えてバストアップサプリを飲むことで引き起こされる副作用についてみていきましょう。

どんな副作用が起こる?

バストアップサプリ(主としてプエラリア)の過剰摂取が引き起こすおそれのある副作用は、すぐに自分で自覚できるもののほかに、知らない間に悪化させてしまうものもあります。

自覚できる体の異常

  • 血行不順・冷え性
  • ニキビ・肌荒れ
  • 精神不安定や倦怠感
  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛・めまい
  • 貧血
  • 下痢・便秘
  • 生理痛が重くなった
  • 生理周期の乱れ
  • 不正出血

などの体の異常が起こることがあります。

まだ上記のものは自分で自覚できる異常なので、「おかしい」と感じた時に、バストアップサプリを飲むのを控えたり、量を減らすなどの対処ができますが、ほかにも自分ではわからない間に異常が起こっていることもあるので注意が必要です。

自覚できない体の異常

  • 排卵障害
  • 不妊症
  • 子宮筋腫

などがあります。

子宮筋腫は良性の腫瘍で女性に多い婦人科系疾患ですが、エストロゲンによって大きくなってしまうため注意が必要です。

まだサイズが小さい場合は放置してもさほど問題はありませんが、大きくなってしまうと妊娠の際におなかの赤ちゃんの成長を邪魔してしまったり、生理痛の悪化などの問題を引き起こすことになるため切除手術が必要になる場合もあります。

また、さらにひどくなるとがん(乳がん・子宮がん)などのリスクも高くなるといわれています。

ただ、バストアップサプリの過剰摂取でガンになるというわけではないということにご注意ください。

自分のホルモンバランスやタイミング、許容量を考えずにバストアップサプリで植物性エストロゲンを大量に摂取してしまうことで、体内のエストロゲン量が増えすぎてしまい、乳腺や子宮を過度に刺激してしまうことで、乳がんや子宮がん発症のリスクを高めてしまう可能性が否定できないということです。

用法・用量を超えた摂取は百害あって一利なし

このように、プエラリアなど植物性エストロゲンを補給するバストアップサプリを大量に飲んだからといって、体に与える良い影響は一つもありません

に異常を起こさないためにも決められた用法用量を守って飲むことがとても大事なのです。

また注意すべきは量だけではありません。

バストアップサプリを飲むタイミングは、エストロゲンが優位になる生理後~排卵日までの期間に限定することも体のホルモンバランスを崩さないために必要です。

生理がいつくるかはある程度は日数から予測できますが、念のために自分の排卵日のタイミングも知っておくことが大事です。

バストアップサプリを飲む前と飲んでいる間は細かな変化を見逃さないためにも、基礎体温をはかっておきましょう。

バストアップサプリの適量は?

バストアップサプリ

では体の異常を起こさないためにはどれくらいの量を飲めばよいのでしょうか?

人によって異なる適量

バストアップに必要な女性ホルモン(エストロゲン)不足量というのは目には見えないものです。

バストアップのためにエストロゲンの量がほんの少し足りないのか、かなり足りないのかは誰にもわかりません。そこがバストアップサプリの摂取で難しいところです。

例えばほんの少しプラスすればよいところに大量の植物性エストロゲンをバストアップサプリで追加してしまったら確実に体内の女性ホルモンのバランスを乱してしまいますし、逆にかなり足りないのに少量補給したところで、バストアップに働きかける力は弱く、あまり効果を実感できないことでしょう。

人によって不足分=必要量が異なるため、サプリを摂取するときは指定された用法・用量に従えば絶対に異常があらわれないというわけではない点に注意しましょう。

最初は少量から

過剰摂取を避けるために、バストアップサプリを摂取する場合は、最初はまず最少の量から始めるようにしましょう。

バストアップサプリを飲む前と飲み始めてからの目に見えない変化を知るためにも、バストアップサプリを飲む前から自分の基礎体温を測っておくことも大事なポイント。

そこで排卵のタイミングや体温や生理に変化がなく、自覚症状もないようなら少し量を増やしてみると良いでしょう。

もちろん、いくら変化がないといっても指定された用量以上は絶対に摂取しないように。

少し面倒と思われるかもしれませんが、自覚できない体の異常からも自分の体を守るために必要な手間・作業なので、必ず行うようにしましょう。

まとめ

女性の体は非常にデリケートなものです。

特に女性ホルモンに働きかけるバストアップサプリを利用する時には、体に異常が起こるのをふせぐために念には念を入れて慎重に服用するようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)