覚えておけば怖くない!バストアップサプリの副作用について

「ベルタプエラリア」副作用の心配は?

女性らしい体にするパーツといえば、すぐに思い浮かぶのがバストですね。しかし、バストサイズは個人差が激しいもの。

納得の大きさならファッションや恋愛も自信をもって楽しむことができますが、いわゆる洗濯板といわれるような貧乳だった場合、問題は想像以上に深刻。

バストが小さいことがコンプレックスとなり、必要以上に他人の目を気にするようになって、自分に自信を持てずにあらゆる面で消極的になってしまうという女性もいることでしょう。

そのため、普段から食生活の改善やマッサージなど様々な努力を日々怠らずに行っている方もいるはず。

それでも改善されない場合に、オススメなのがバストアップサプリというものです。

特別な努力抜きで、飲むだけでよいという手軽さはとても魅力的。しかし、そこには大きなリスクが潜んでいることをご存知の方はあまりいないようです。

今回は、バストアップサプリの副作用についてみていきましょう。

バストについて詳しく知ろう

バストについて詳しく知ろう

バストアップサプリの副作用のご説明の前に、まずはバストそのものについてご説明します。

バストを構成しているのは?

バスト(乳房)は、「脂肪組織」9割「乳腺組織」1割で構成されています。

乳腺組織とは、赤ちゃんを育てる時に必要な母乳を分泌するための組織のことで、バストの中で乳頭に向かって張り巡らされています。

その大事な乳腺組織のまわりを脂肪がクッションのようにつくことで守っています。

バストサイズの違いは何?

では、バストサイズを決めるのは何なのでしょうか?

そのポイントは二つ。「乳腺」と「脂肪」です。

乳腺が発達すれば、自然とその乳腺を守ろうと脂肪がついてバストは大きくなります

つまり、バストが小さいままということは、乳腺の本数や発達が不十分乳腺を守ろうとする脂肪もつきにくいということです。

しかし、バストにだけ効率的に脂肪をつけることは難しく、脂肪だけをつけたいなら全体で太るしかありません。

そこで女性ホルモンの出番となります。

女性ホルモンによって乳腺の本数を増やして発達させれば、そこにつく脂肪もおのずと増加し、バストアップにつながります。

それを女性ホルモンに似た成分でサポートしようというのが、バストアップサプリなのです。

バストアップサプリの成分は?

バストアップサプリ

バストアップサプリの多くには女性ホルモンに似た成分が使われています。

バストアップ成分

バストアップサプリによく使われているのが、プエラリアミリフィカという植物の根塊部分に含まれているプエラリアです。

プエラリアは植物性エストロゲンと言われる成分で、女性らしい体づくりに重要な役割を担う女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に非常によく似た構造・働きをすることが分かっています。

女性ホルモン不足を補うバストアップサプリ

このような植物性エストロゲンなどのバストアップ成分を体内に効率的に補給することで、自分本来の女性ホルモンの分泌不足を補ってバストアップに働きかけるようにする仕組みで作られているのがバストアップサプリです。

ちなみに、女性ホルモンに似た成分といえば、大豆の「ダイズイソフラボン」がよく知られていますね。

しかし、プエラリアにはそれ以上に強いエストロゲン様作用があるので、サプリメントとして集中的に補給することでより高い効果を狙うことができます。

バストアップサプリは簡単お手軽!でも危険性は?

バストアップサプリは簡単お手軽!でも危険性は?

飲むだけで女性ホルモンに似た成分を補給できる便利なバストアップサプリですが、副作用もあるので注意が必要です。

女性ホルモンの働き

女性の体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の二つの女性ホルモンが周期的に交互に優位に立ち、体のバランスをとっています。

エストロゲン

「美のホルモン」とも呼ばれるエストロゲンは生理の終わりから排卵日まで優位になる妊娠のための準備に関わる女性ホルモンです。

乳腺を刺激して増殖させる効果のほかに、美肌効果や骨粗しょう症予防効果などもあります。

プロゲステロン

プロゲステロンは、排卵日から生理までの生理周期の後半に優位になります。

皮脂分泌を増加する働きのほか、水分をためこみやすくなるだけでなく、メラニン生成を活発にしてしまうなど、女性の美容にとってはあまり嬉しい働きはありませんが、妊娠を維持するために非常に重要な働きを担う女性ホルモンです。

バランスを乱すバストアップサプリ

このエストロゲンとプロゲステロンがバランスを取ることで女性の体は成り立っていますが、そこにエストロゲンだけを追加するのがバストアップサプリです。

量が許容範囲内なら問題はありませんが、早く効果を出したいからと大量のバストアップサプリを利用すれば、そのバランスは必然的に崩れることに。

その結果、様々な副作用が起こるリスクが高くなります。

バストアップサプリの副作用

  • ニキビ・肌荒れ
  • 精神不安定や倦怠感
  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛・めまい
  • 貧血
  • 下痢・便秘
  • 生理痛が重くなった
  • 生理周期の乱れ
  • 排卵障害
  • 不妊症

などが報告されています。

さらにひどくなるとがん(乳がん・子宮がん)などのリスクも高くなります。

副作用を防ぐ正しい飲み方

副作用を防ぐ正しい飲み方

しかし正しい飲み方をすることで副作用のリスクを大幅に低下させることができます。

一日の摂取量

諸説ありますが、体に重い負担をかけない程度として、プエラリアの一日の摂取量は200㎎~400㎎が限度と言われています。

飲み方のポイント

バストアップサプリは、最初から規定量を摂るのではなく最少量から飲むようにしましょう。

例えば一日3粒目安とされているなら1粒ずつ。そこで身体的・精神的に問題がないようなら2粒ずつ…というように、体を少しずつ体をなれさせていくのです。

また、空腹時に飲んだほうが吸収率が高いといわれていますが、慣れないうちは食事の後にたっぷりの水分で飲むようにしましょう。

排卵日~生理が終わるまではNG

プロゲステロンが優位になる排卵後~生理後までは、バストアップサプリを飲むのはお休みしましょう。

妊娠中・授乳中も控えるようにしましょう。この時期は、バストアップサプリを飲まなくても自然にバストアップするので大丈夫ですよ。

まとめ

女性ホルモンに似た働きでサイズアップに働きかけるバストアップ成分を配合したバストアップサプリは胸の小ささに悩む女性の大きな味方となるものです。

しかし間違った飲み方は副作用をおこす引き金となるので注意が必要ですが、正しい飲み方さえ覚えていればそれほど心配はないのでご安心ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)