胸を大きくするのに役立つ効果的な入浴方法とは?

体を温めるのバストアップに有効!

あなたはどんなバスタイムを過ごしていますか?

忙しいからとシャワーだけで済ませていないでしょうか。

バストアップのためには体内の血流を良くすることがとても大切!

シャワーだけでは逆に体を冷やしてしまうことになりかねないので、湯船に浸かるのはバストアップをかなえるのに欠かせない要素です。

湯船に浸かることによって体は芯まで温まり、血行が促進されます。そうすることで胸を健やかに育つことができるのです。

ここではバストアップに欠かせない効果的な入浴方法をご紹介します。

湯船に浸かるのが良い理由

湯船 バストアップ

湯船に浸かることで、「ヒートショックプロテイン」が生成されることはご存じでしょうか。

これが湯船に入ると良い理由の1つです。

この「ヒートショックプロテイン」は、傷を受けたタンパク質を修復するものです。

それだけでなく、免疫細胞の働きを強くしたり、疲れやだるさを感じさせる乳酸の発生を遅らせたりすることもできる物質です。

バストアップだけでなく様々な面で嬉しい効果のある「ヒートショックプロテイン」ですが、バストアップに直接的に影響するのは「タンパク質」の修復。

バストの土台作りにタンパク質は欠かせない栄養素ですから、入浴した際に「ヒートショックプロテイン」を発生させることがとても重要なポイントです。

「ヒートショックプロテイン」を発生させるには

ヒートショックプロテイン

「ヒートショックプロテイン」は、シャワーだけの入浴では発生しません。体をしっかり温めることが必要です。

ですから、湯船にしっかりつかり体温を上げることが大前提。熱いお湯で一気に上げるのではなく、38~40℃のぬるめのお湯に20分ほど浸かると生成が始まります。

バストアップの効果を上げるためにも、最低限20分の入浴時間は確保したいところです。

全身浴ではなく半身浴

ヒートショックプロテインを発生させるためには全身浴ではなく半身浴がおすすめです。

全身浴で20分を過ごすのは大変難しいことですし、体にも負担です。

38~40℃のお湯にみぞおちまでつかる半身浴を、最低20分以上。できれば30分以上を心がけましょう。

いくら半身浴とはいえ、30分入り続けるのがつらいという場合は、途中で休憩を入れても構いません。

例えば15分入ってから体や髪を洗って、残り15分をまた湯船で過ごす、などです。

10分ずつ区切っても構いません。ただ、休憩中に体を冷やさないことだけ気をつけてくださいね。

体を冷やしてしまうと、最初からやり直さなければいけなくなります。

半身浴の効果をさらにアップさせる3つの方法

半身浴をさらに効果的にする方法があります。

  • 1つは、入浴中に「白湯」を飲むことです。半身浴をしながら飲むことで、発汗作用が促進され、デトックス効果が上がります。外側からだけでなく、内側から温めることで、体はより温まりやすくなります。
  • 2つめは、入浴剤の使用です。入浴剤は代謝を上げてくれるものや、好みの香りのものをセレクトしてください。バスルームをリラックスできる空間にすることで、のんびりとしたバスタイムを過ごせます。また、ストレスを溜めないことは、バストアップにもとても良い影響を及ぼします。
  • 3つめは、近頃話題の水素バス。水素は最も小さい分子なので、7分ほどで体の隅々に浸透すると言われています。

水素バスではエイジング効果がとくに注目を集めており、体を老化させる「悪玉活性酸素」を抑える働きや、損傷した細胞の修復を促す働きがあります。

こうした効果はバストアップにも美肌にも嬉しい効果です。

半身浴中におすすめの簡単トレーニング

半身浴中におすすめの簡単トレーニング

半身浴の効果をさらにアップさせるために、半身浴中に簡単なトレーニングをするのもおすすめです。

湯船の中に座った状態で肘を引き、足を上げてバタ足します。肘を引くことで肩甲骨が寄るので肩周りの体操にもなり、猫背の矯正にもなります。

自然と姿勢がよくなるのでお腹も引っ込みます。さらにバタ足をすることで血流がよくなるので、全身の血の巡りが良くなる時間を短縮できます。

最初は10回から始め、慣れてきたら少しずつ回数を増やしてみてくださいね。

お湯の中は浮力があるので、通常よりも体が楽に動きます。

疲れていてもできるトレーニングなので、ぜひ実践してみてください。足首やふくらはぎの凝りをほぐすのにも効果的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

湯船に20分程度浸かると、約100カロリーの消費になります。

バストアップしながらダイエットを目指す人にも、湯船に浸かるのはおすすめです。

もしバスタイムをシャワーだけで済ませているなら、ぜひ湯船に浸かるのを習慣化してみてください。

とは言え、女性はどうしても湯船に浸かれない日も出てきますよね。

そういうときは、『足浴』に切り替えて。膝まで入る深い容器、もしくは湯船にお湯を張り、20分ほど足をつけましょう。

足が温まるだけでも、体の血の巡りはとても良くなります。『足浴』は、半身浴と同様の効果が得られるので、ぜひ試してみてください。

バスタイムを味方につけて、綺麗なボリュームのあるバストを手に入れましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)