妊娠中、産後のバストケアの方法!しっかり対策すれば美バストになれる!

妊娠中、産後のバストケア

妊娠中、産後で女性の身体は大きく変化します。バストも例外ではありません。

授乳後、バストがしぼんでしまったというのはよくある話。母乳を作る乳腺が卒乳後しぼむのは、ある程度仕方のないことです。

でも、出産、授乳後、必ずバストが垂れてしまうというのは大間違い。

妊娠中からの過ごし方次第で、バストはよりよい形にキープすることができます。

場合によっては元のバストよりも大きく、綺麗な形を作ることもできるんです。

妊娠、出産したからと言って、綺麗なバストを諦めないで下さい。

むしろ、妊娠中から出産後は、美バストを作る大きなチャンスです。

ここでは、妊娠中から出産後のバストケアについてご紹介します。適切なバストケアをして、出産後も綺麗なバストをキープして下さいね。

上向きバストをキープする授乳の方法

上向きバストをキープする授乳の方法

バストが垂れる大きな原因として授乳があげられますが、

授乳によってバストが垂れるのは、授乳のやり方が間違っているからです。

正しい方法で授乳できれば、バストの垂れを防ぐことができます。

前屈みの姿勢での授乳は避けて

どうしてもやりがちなのが、前屈みの姿勢で授乳してしまうこと。

授乳の際、赤ちゃんを低い位置に置いてしまうことが多く、無意識のうちに前屈みになってしまうことが多いんです。

でも、そういう姿勢ではバストは下に引っ張られてしまいます。その結果、垂れてしまうことに。

また、前屈みの姿勢を続けると背中の筋肉を緊張させてしまいます。それもバストを垂れさせてしまう原因の一つです。

前屈みの姿勢での授乳は、上向きバストを保つために良いことがありません。

上向きバストをキープする授乳のポイントは、バストの高さに赤ちゃんを合わせ、前屈みの姿勢をやめることです。

そのために授乳枕を利用すると楽になります。一般的な授乳枕よりも高めのものを活用してみて下さい。

赤ちゃんを置いたときにバストの高さにくるぐらい高さのあるものを選べば、前屈みの姿勢になることなく授乳ができます。

もしすでに低い授乳枕をお持ちの場合は、バスタオルや座布団などを重ねることで高さを調整できますよ。ぜひ試してみて下さいね。

あとは背筋をまっすぐ伸ばして授乳できれば、バストは垂れません。

背中や腰もこりづらく、バストのためだけでなく身体のためにもおすすめです。

さらに骨盤をしっかり立てて授乳していると、出産後どうしてもゆるんでしまう骨盤底筋群が鍛えられます。

産後の体型戻しにも効果的なので一石二鳥です。

授乳の方法を見直すだけで嬉しいことがたくさんあるので、ぜひ実践してみましょう!

添い乳は控えて

夜中に赤ちゃんが起きてしまった時、ついやってしまうのが添い寝しながら授乳すること。

1日の育児で疲れて、身体を休めながら授乳したくなるのは仕方のないことではあります。

でも、添い寝をしながら乳をあげる行為はバストを垂れさせてしまう危険が高いです。

確かに身体は楽ですが、これからのバストのためを思ったら、できるだけ添い寝しながら授乳するのは控えましょう。

ちょっと大変でも身体を起こして授乳するよう心がけてくださいね。

左右のバランスを崩さない授乳の方法

授乳のやり方によって、バストは垂れるだけでなく左右のバランスを崩してしまうこともあります。

誰でも抱き癖はあるので、ついいつも同じ腕に赤ちゃんの頭を乗せてしまいますが、バストのためを思ったら左右のバランスを考えましょう。

いつも同じ側のバストから授乳していると、授乳している側のバストは当然ながらしぼんでしまいます。

一方で、授乳していない方のバストは張った状態が長く続いてしまうので、大きな形を保ちます。

そのため、バストの左右の大きさのバランスが崩れてしまうんです。

授乳は意識して、毎回左右の順番を変えるようにしてみて下さい。それだけで、左右の大きさが整った綺麗なバストをキープできます。

ブラの選び方

授乳ブラ

妊娠中から出産後は、バストに大きな変化が表れます。

妊娠中はバストが大きくなっている時期なので、ホールド力のある授乳ブラを選ぶことが大切。

また、入浴以外の時間は授乳ブラを外さないようにすることも重要なポイントです。

卒乳後はどうしてもバストは少し小さくなります。このときもブラ選びが重要になってきます。

妊娠中から卒乳後のブラ選びでバストは大きく変わるのでぜひ参考にして下さいね。

妊娠中から妊娠後期

妊娠中期になるとバストも大きくなっています。バストを圧迫しないためにも、ふだん使いのブラから授乳ブラに変更しましょう。

後期に向けてバストはどんどん大きくなっていくので、ぴったりサイズのものを買うよりも大きめのサイズを買うのがおすすめです。

パッドで調整してジャストフィットのサイズにして下さい。

授乳ブラでも、昼間はワイヤー入りのものをつけた方がバストは垂れません。バストをしっかり支えられるものを選んで下さい。

卒乳後

どんなに妊娠中から産後にかけてバストケアをしていても、やはり卒乳をすれば乳腺はしぼんでしまいます。

そうするとバストは小さくなっていきます。

でも、この状態が続く訳ではありません。卒乳後、きちんとケアしていけばバストは大きく育ちます。

ただ、このときにサイズの合わないブラをしていると、バストは垂れるだけでなく、さらに小さくなってしまう原因に。

ブラはきちんとサイズの合ったものに見直すのが基本です。

バストマッサージ&エクササイズ

妊娠中のマッサージはあまりおすすめできません。

ただ、産院で助産師さんが教えてくれるマッサージは、もちろんしても大丈夫。

マッサージでバストを柔らかくしておくと、母乳トラブルを予防することができます。

エクササイズも激しいものは身体に負担をかけるのでお休みしましょう。

ただ身体に負担をかけない程度の、大胸筋を鍛えるようなエクササイズはぜひ行ってください。

妊娠中から大胸筋を鍛えることで、産後のバストの垂れを防ぐことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

妊娠中から出産後もきちんとバストケアを行えば、バストはそれに応えてくれます。

女性の身体が大きく変化する妊娠という一大行事。それを味方につけることができれば、あなたのバストはいつまでも綺麗なままでいられます。

授乳の仕方やブラジャーの選び方は、とても重要なポイントです。いつまでも大きく綺麗なバストでいるために、ぜひ気をつけてあげて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)