バストアップクリームのメリットやデメリット、効き目はどれくらいで出るのか?

「セルノート」の効果的な使い方

塗るだけでバストアップができる!なんて夢のようなアイテムがあれば、誰でも使ってみたいと思うことでしょう。

実はそれがあるんです!

通常のクリームにバストアップ成分を配合することで、肌の外側から浸透させて働きかけるというアプローチをとるバストアップクリームなら、使い続けることでサイズアップとともに手触りも良い美しいバストを作るサポートが可能です。

そんな魅力的なバストアップクリームのメリットや効き目についてご紹介します。

バストアップクリームのメリットとデメリット

バストアップクリーム

まずは簡単手軽なバストアップクリームのメリットとデメリットについてみていきましょう。

バストアップクリームのメリット

塗るだけでバストに働きかけることができるバストアップクリームのメリットとして

  • 手軽
  • 副作用が少ない
  • バストに集中してケアできる
  • 手触りの良いバストにできる(美肌ケア)
  • コスパが良い

が挙げられます。

バストアップサプリに比べて価格もリーズナブルなものが多く、入浴後などにほかの部分のボディケアと一緒にバストにだけバストアップクリームを塗ればよいのでケアも簡単

また、バストアップサプリの場合、服用したバストアップ成分をバストに限って働きかけさせることはできず、バスト以外の場所にまでその影響が及んでしまうリスクがあります。

しかし、バストアップクリームなら、ピンポイントでバストだけにバストアップ成分を働きかけさせることができるので副作用のおそれもすくなくなるなどのメリットがあります。

ほかにも、ヒアルロン酸やコラーゲンやビタミンCなど美肌を作る成分も併せて配合されているので、もちもちでスベスベの手触りの良い肌を同時に作ることができるのも大きな魅力です。

バストアップクリームのデメリット

バストアップクリームを肌に塗ればみるみるサイズアップさせることができればよいのですが、それほど肌の構造は簡単ではありません。つまりデメリットは即効性のなさ

肌は最も外側に表皮があり、その下に真皮、その下に皮下組織があります。

バストを大きくするには、最奥にある乳腺と脂肪にまでバストアップ成分を届けなければなりません。

しかし、表面からクリームを塗るだけではバストの中にある乳腺や脂肪に十分にはたらきかけるにはパワーが弱く、即効性は期待できません。

プエラリアよりも良い?新しいバストアップ成分

そこで最近新たにバストアップクリームに使われるようになってきたのがボルフィリン(ハナスゲ根エキス・サルササポゲニン)アディフィリン(アセチルヘキサペプチド-38)という成分です。

どちらの成分も、脂肪組織を分化させ増やす働きと脂肪を減りにくくする働きがあります。

バストは、1割の乳腺組織と9割の脂肪組織から作られています。

これまでのバストアップクリームは、乳腺を増やし発達させることでバストアップをはかろうとプエラリアのような植物性エストロゲンを配合した商品が多数派でした。

しかし、このボルフィリン等が開発されたことで、乳腺ではなく脂肪を増やしてバストアップしようという全く異なるアプローチを摂るバストアップクリームが数多く登場するようになっています。

気になる副作用ですが、今のところそのような報告はありません。が、新しい成分であることを理解したうえで使用しましょう。

バストアップクリームの効果はどれくらいであらわれる?

バストアップクリーム期間

胸が小さいことを気にしている方にとっては、即効性は重要なポイントですね。

個人差が大きい

バストアップクリームを使ってバストアップの効果を実感しはじめる期間は、口コミをみても個人差が大きいようです。

早い人では塗り始めて1か月もしないうちからハリや潤いを感じた方もいれば、半年くらい継続して使うことでしっかりみっちりしたバストになったと実感している方もいらっしゃいます。

使う人の体質や生活習慣が関係しているだけでなく、塗るときに行っていたバストアップマッサージなどプラスアルファの要因もあるため単純に比較できませんが、バストアップクリームを使って変化を実感した人に共通していることは「継続して使っていた」ということです。

継続することが大事

なかなか明らかなバストの変化を感じ取れなくても、継続してバストアップクリームを塗ることで確実にバストの肌や手触りは各段にアップしますし、自分のバストを実際に毎日手で触れて確認することで自分の体・バストについて目を配ることができるなどメリットが多数あります。

今か今かと効果ばかりに神経質になるのではなく、手触りの変化も楽しみながら無理なく続けることが重要といえるでしょう。

バストアップクリームをより効果的に使用するために

バストアップクリーム

次に、より効果的にバストアップクリームを活用するためのおすすめの方法をご紹介します。

バストアップ成分+マッサージでバストアップ

バストアップクリームを塗っておけば勝手にバストが大きくなると考えている方も多いのですが、それは間違い。

たしかに、外側からバストアップに効く成分を浸透させることでバストアップに働きかけることは可能です。しかし、それでは不十分です。

バストを成長させるためには、血行を良くして栄養や酸素が十分いきわたるようにすることや老廃物をスムースに排出することも大事なポイントです。

バストアップクリームを使う際は、ただ塗るだけでなく、塗り込みながらバストアップに効くマッサージを行うことを欠かさないようにしましょう

血行が良いときがベストタイミング

バストアップクリームを塗るのは基本的にいつでも良いのですが、出来ればより効果を高めるために入浴後など血行が良くなっている時に使うようにしましょう。成分がいきわたりやすくなります。

用法・用量を守り、強く塗り込まない

大量に使えば早く効果が表れるのでは?しっかり塗り込めばもっと効果的なのでは?と、大量のクリームを力いっぱいバストに塗り込む方もいらっしゃいますが、それはNG。

バストはとてもデリケートです。

優しくマッサージしながらバストに負担をかけないよう塗り込み、副作用が出ないよう決まった量を使うようにしましょう。

まとめ

塗るだけでバストアップという夢のようなバストアップクリームですが、即効性はあまり期待しない方がよいでしょう。

効果が出ないとすぐに諦めるのではなく、手触りや質感の良いバストに変化していくことを楽しみつつ、のんびりと続けるようにしましょう。

バストアップも「継続は力なり」ですよ。

おすすめのバストアップクリームはこちらを参考に⇒「口コミの良いおすすめバストアップクリーム4選!皆が選んでるのはコレ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)