塗るから怖くない?バストアップクリームの副作用について

バストアップクリームの副作用について

バストが小さいせいで洋服も綺麗に着こなせないし、プールや温泉に行ったときにも恥ずかしい・・・。

そんな悩みを抱える女性が利用することも多いアイテムの一つがバストアップクリームです。

バストをマッサージすることがバストアップに効果的であることはよく知られていますが、その際に使うクリームをバストアップクリームにすることでさらに相乗効果が得られるというスグレモノ。

しかし、お手軽で魅力のあるバストアップクリームにも、実は副作用が起こるリスクがあることはあまり知られていませんね。

「バストアップサプリと比べて塗るだけだから安心」と思っている方は要注意!では、バストアップクリームの副作用についてみていきましょう。

バストアップクリームとは?

バストアップクリーム

まずはバストアップクリームという商品の特長についてご説明します。

保湿成分+育乳成分=バストアップクリーム

バストアップクリームとは、育乳効果が期待できる成分をプラスしたマッサージクリームです。

バストの上から塗り込むことで、育乳成分が表皮から吸収されて外側からバストアップに働きかけることができるといわれています。

育乳成分には、プエラリアイソフラボンボルフィリンなどの成分が利用されています。

プエラリアとは?

育乳成分として名高いプエラリアとは、バストサイズを大きく左右する乳腺の本数を増やして発達させる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分(植物性エストロゲン)です。

その効果だけを見ると、どんどん摂取・塗布すればバストアップが簡単にできそうですが、残念ながらそうではありません。

女性の体はエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが交互に優位に立つことでバランスをとっています。

そこにプエラリアという植物性エストロゲンを大量に取り込んでしまうと、バランスが崩れて様々な問題(副作用)が起こってしまうのです。

その副作用として、

  • 生理不順
  • 生理痛の悪化
  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • 下痢
  • 便秘
  • めまい
  • 貧血
  • 頭痛
  • 胃の不快感
  • 不妊症のリスク

などが報告されています。

プエラリアを含んだバストアップクリームは危険?

プエラリアサプリのように体内に直接取り込むのではなく、皮膚の上からプエラリア成分を塗布するバストアップクリームでそれほど強い副作用が発生したというケースは今のところ報告されていません。

ただ外側からといってもバストに直接プエラリア成分を塗り込むわけですから、上記のような何らかの反応が起こる可能性があることは否定できません。

実際にバストアップクリームを使った方の中には、

  • しっしん
  • ニキビや肌荒れ
  • 下痢・便秘

など何らかの変調が起こったという口コミ情報もあります。比較的軽い副作用ですが、軽視しないようにしましょう。

イソフラボンなら安全?

イソフラボンも、プエラリアと同様に女性ホルモンに似た働きをする成分ですが、プエラリアほど強い効果はありません

だからこそ強い反応(副作用)を起こすおそれもなく、女性ホルモンのバランスを整え、自然にバストアップに働きかけることができるというメリットがあります。

プエラリア配合のバストアップクリームで副作用が出た方も、イソフラボンなら大丈夫であることも多く、比較的安全性の高い成分といえるでしょう。

ボルフィリンなら安全?

ハナスゲの根茎から抽出されたサルササポゲニンから開発したバストアップ成分ボルフィリンは、女性ホルモンに働きかけるわけではなく、塗った箇所だけに脂肪を増やせるという夢のような天然成分です。

新しい成分ということもあり、今のところ副作用はまだ報告されていません。ただ非常に高価なのがネック。

ボルフィリンを配合したバストアップクリームは高価なので、継続して使用するのはお財布には少し負担となるかもしれません。

バストアップクリームを安全に使うには?

バストアップクリームを安全に使うには?

バストアップ成分を配合したクリームを使用する際の注意点についてみていきましょう。

パッチテストを行う

バストアップクリームが自分の肌に合うかどうかをチェックするために、バストに使用する前にパッチテストを行いましょう。

特に、バストアップクリームを初めて使う方、敏感肌の方やゆらぎ肌の方、肌が弱い方、アトピーの方は必ずパッチテストを行ってください。

数日使ってみて、肌や体調・気分に変化が出るようでしたら使用をやめましょう。

育乳成分をチェック

バストアップクリームを選ぶ際は、配合されている育乳成分が何かを必ずチェックしましょう。

プエラリア配合のサプリで副作用が出た方は、プエラリア配合クリームは避けるように。

使用量を守る

大量に使えば早くバストアップが実現できるわけではありません

副作用のリスクを減らすためにも、使用量・頻度を守って塗るようにしましょう。

違和感があった場合は

もし何らかの違和感が起こった場合は、

  • 症状が収まるまで使用を控える
  • 使用するクリームの量を控える
  • 使うタイミングを生理後~排卵日までに限定する

など対策を取りましょう。

まとめ

直接体内に取り込むバストアップサプリに比べ、肌の上から塗ることでバストアップをはかるバストアップクリームは副作用が起こるリスクは非常に少ないといえます。

かといって、体質や体調によってはなんらかの反応が出るケースもあるので、成分チェックやパッチテストをした上で用法・用量を守って慎重に使うに越したことはありませんよ。

おすすめのバストアップクリームはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)