知らないと損する!バストアップに効果的なブラジャーの付け方

導きナイトブラのつけ方

ブラジャーは毎日着けるもの。

ブラジャーのつけ方一つでバストの育ち方は大きく変わってきます。

ブラジャーのサイズが間違っていても、つけ方が間違っていても、効果的にバストアップはできません。

バストから流れてしまったお肉を正しい位置に戻して、上向きに整えるためにブラジャーのつけ方はとっても重要です。

そこで今回は、バストアップに効果的なブラジャーのつけ方とブラジャーのサイズの測り方をご紹介します。

正しいブラジャーサイズの測り方

正しいブラジャーサイズの測り方

なんと驚くことに、世の中の約80%の女性は正しいサイズのブラジャーを着けていないんだとか。

バストのサイズは、同じB75だったとしてもメーカーが違えば若干の違いが出ます。

ブラジャーを買うときは、きちんと毎回サイズを測ってもらって、試着して買うようにしましょう。

試着する時間がないというときに備えて、せめて正しいサイズの測り方をマスターして、自分のサイズを把握しておきましょう。

測り方の基本

バストのサイズは体調によっても変わるので、測り方を知っていると重宝します。ほとんどの方が把握していると思いますが、バストはトップバストからアンダーバストを引いた数字で出します。

つまり、トップとアンダーの正しい測り方が分かっていれば、バストサイズを出すことができるんです。

トップの測り方

トップの測り方はヌードで測る場合と、ブラジャーを着用して測る場合があります。

ヌードで直立した状態で測る場合。この状態だとバストが垂れてしまっている人は、トップが小さい数字になってしまい、正しいサイズが測れません。

ヌードで測る場合は、90度にお辞儀をした状態で測るようにしましょう。

ブラジャーを着用して測る場合は、バストが垂れないので直立した状態で測ることができます。

ただ、きちんとブラジャーを着けていないと、サイズが変わってきてしまいます。

下でご紹介する正しいつけ方でブラジャーをつけてから、測るようにしましょう。

アンダーの測り方

アンダーバストを測るのには、ちょっとコツがいります。

まず、メジャーを背中から前に回します。バストのふくらみの下の部分、ぎりぎりにメジャーを合わせて置きます。

バストが垂れている場合は、バストをちょっと持ち上げることが必要です。

横から見て、メジャーが斜めになっていないか確認して下さい。

きちんと水平になっていないと、2から5cmの誤差が出てしまいます。後ろの方が下に下がりがちなので、しっかり水平に合わせましょう。

アンダーを測るときに、細い数値を出そうとして、無理にきつくメジャーを締め付けるのはNGです。

アンダーバストを毎日締め付けると、バスアップの妨げになります。健康にも良くありません。

アンダーを測るときは、締め付けを感じないくらいの余裕を持たせた位置で測定するのが大切です。

正しいブラジャーのつけ方

ブラジャーの付け方

ブラジャーは前傾姿勢で

ストラップを肩にかけたら、上体は少し前に倒します。前に垂れたバストをそのままカップの中におさめ、後ろ手にホックをとめましょう。

前屈みの姿勢でブラジャーをつけることで、お肉がわきに流れてしまうのを防ぎます。

ホックをとめるとき、ブラの前面より背面の方が少し上になるように意識しましょう。

ホックを留める位置を三段階で調節できるブラジャーの場合は、とめる位置に要注意。バンドがきつくなりすぎないようにしましょう。

締め付けすぎは血流を悪くして、バストの成長を妨げます。目安としては、指二本が入るくらいの余裕があるのがベストです。

お肉をカップの中に流し込む

身体を前に倒したまま、はみ出たお肉や脇に流れているお肉をカップの中に手で流し込みます。

バストトップの位置が高くなるように、なるべく上向きにお肉を集めて寄せていきましょう。

ストラップの長さを調整する

ここまで済んだら、ストラップの長さを調整します。

ストラップがゆるいと、カップとバストの間に隙間ができてしまいます。

バストがきちんとカップの中におさまらないので、バストが揺れて垂れやすくなってしまうので要注意。

洗濯をするとストラップは緩くなりがちなので、つけた時に必ず毎回長さを確認するようにしましょう。カップのバストの間に隙間ができない位置に合わせるのがポイント。

たとえ補正下着でなくても、ブラジャーは胸を補正する役割を持っています。胸の位置をきちんと上げてから、ストラップの長さを調整するようにして下さいね。

ただ、ストラップをきつく締めすぎると肩こりの原因にもなるので、丁度良い長さに調節するようにしましょう。

背面の位置を調節する

最後にブラの背面の方が前面より低くなるように調節します。

前面を動かすと、せっかくカップの中に納めたバストがまたはみ出してしまうので、必ず背面を下げて調節してください。

背面を下げて前面の方を上にすることで、上向きのバストに整います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

あなたは、正しいサイズのブラジャーを、正しいつけ方でつけることができていましたか?

もし間違っていたら、すぐに修正して下さいね。

とくに、間違ったサイズをつけている人は要注意です。

バストアップをして綺麗なバストを保ちたいなら、ブラジャーのサイズは最重要。自己流でサイズを選んでいる場合は、今すぐきちんとサイズを測って、ジャストフィットのブラジャーを手に入れるようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)