知っとけば役に立つ!女性ホルモンとバストアップの密接な関係

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンとバストアップには密接な関係があります。

女性ホルモンがバストアップにどのように関わっているかを知るのは、バストアップのためにも大切なこと。

今回は、バストアップのメカニズムについて、見ていきましょう!

2つの女性ホルモン

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステン」の2つがあること、ご存じだったでしょうか?

この2つのホルモンは、生理周期で分泌量が変化します。

エストロゲンは生理後から排卵の前にかけて増えてくるホルモンです。

30代から徐々に減少し、閉経を迎える50歳前後ではほとんど分泌されなくなってしまいます。

一方、プロゲステンは排卵後から生理がくるまでに増えてくるホルモンです。

2つのホルモンの役割

エストロゲンは、コラーゲンなどを増やして肌にハリを出します。髪も健康に保ちます。

そのため、エストロゲンがプロゲステンより多く分泌されているときは、ハリや潤いのある美肌を保つことができ髪もつやつやです。

エストロゲンは乳腺の発達にも関わるホルモンです。

対してプロゲステンが多いときは、皮脂分泌を活発にしニキビなど肌荒れの原因になることも。頭痛が起きることもあります。

また、むくみが出たり、精神的に不安定になったりする人もいます。

こういった理由からエストロゲンだけあれば良いと思われがちですが、実際のところそういう訳ではありません。

プロゲステンには乳腺を発育させる役割もあるため、バストアップには欠かせないホルモンなのです。

つまり、エストロゲンとプロゲステン、2つの女性ホルモンがバランス良く分泌されることが大切です。

バストアップのメカニズム

乳腺

バストが大きくなる理由は乳腺が発達するからです。

バストの大きさは乳腺の量によって決まります。

バストは1割が乳腺で、9割が脂肪でできています。もし乳腺の量を2倍に増やせたとすると、脂肪も2倍、9が18になるんです。

このことから

効率よくバストアップするためには、脂肪を増やすよりも乳腺を増やした方が良い

ということが分かります。

この乳腺を刺激して増やす役割をもっているのが女性ホルモンです。女性ホルモンが多ければ多いほど、脂肪がつきやすくバストも大きくなります。

だから、バストアップするには女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステンを正常に分泌させることがとても大切。

女性ホルモンの分泌量が多く、バスト全体にホルモンが行き渡っているとバストは豊かになります。

バストアップは遺伝に関係ある?

バストアップ 遺伝

結論からいえば、バストの大きさに遺伝はほとんど関係ありません。

バストの大きさを決める要因は、乳腺の数や太さ、脂肪の量、女性ホルモンの分泌量などです。

先天的に、乳腺の数や脂肪の量が少なかったり、女性ホルモンがあまり活発でなかったり、というケースもあります。

でも、これらはほとんどの場合、生活習慣や食生活などが大きく影響しています。

例えば、ここ数十年で日本人のバストサイズの平均は上がっていますよね。

戦前の日本女性のバストサイズは平均Aカップでしたが、今ではCカップが標準です。

この原因として、戦前と今では食生活や生活習慣が大きく違うことか上げられます。身に付ける下着が変わったことも原因の一つでしょう。

バストアップに大きく影響する女性ホルモンも、生活習慣と食生活で、大きくその分泌量が変わってくることも分かっています。

親や姉妹が小さいからといって諦めることはありません!

バストは生活習慣食生活バストアップマッサージで、大きくすることができるんです!

女性ホルモンを活性化させるには

女性ホルモンを活性化

それでは、バストアップに大きく関わる女性ホルモンの分泌を活発化するには、どうしたら良いのでしょうか。

規則正しい生活を送ること、バランスの良い食生活を送るのはもちろんのことですが、ここではそれ以外の方法をご紹介します。

アロマテラピーが効果的

ホルモン系をコントロールする視床下部に、良い影響を及ぼすことができるのが「香り」です。

この香りを上手く利用することで、女性ホルモンの分泌を促すことができます。

たとえば、「ローズ」の香りは、エストロゲンの分泌を活性化します。他にも、ホルモン分泌調整作用がある「ゼラニウム」、女性ホルモンの分泌を活性・調整する「イランイラン」、などバストアップに効果的な香りはいくつかあります。

体調や気分によって、心地よく感じられる香りは変わるので、そのときに良いと思える香りを選んで活用してくださいね。

関連記事:香りの効果でリラックス!バストアップに効果的なアロマ5選

まとめ

女性ホルモンは、ストレスや不規則な生活、過度なダイエットなどをすると、バランスが崩れてきます。

バストアップが思うようにいかないだけでなく、肌荒れを起こしたり、髪のつやがなくなったりと、体の様々な場所に悪い影響を及ぼし、老化を早めると言われています。

また、身体の冷えも厳禁。女性ホルモンは血液にのって全身を巡るため、血行不良はバストアップの妨げになりますし、血液の循環が悪くなると、女性ホルモン自体も停滞してしまいます。

バストアップするためにも、女性らしくいるためにも、若さを保つためにも、体を冷やさずストレスフリーで規則正しい生活を送りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)