バストアップサプリを飲んだら太ってしまった!そんな時にできる対処法

太る

女性らしい体といえば何をイメージしますか?

ふっくらした胸、くびれた腰、適度にお肉がついた柔らかい体…などを連想する方が多いことでしょう。
そういった特徴を作り出すのが、女性ホルモンのエストロゲンです。

そのエストロゲンに似た成分である植物性エストロゲンを配合したバストアップサプリを飲み始めた方の中には、思わぬ影響が出てしまう方もいらっしゃいます。

その一つが、「太ってしまった!」という由々しき問題

今回はバストアップサプリを飲んで太ってしまう原因と、対処法についてご紹介していきましょう。

エストロゲンとは?

まず、卵巣から分泌されるエストロゲンがどのような働きをするのかについてみていきましょう。

エストロゲンの効果

エストロゲンは、卵胞期(生理後~排卵日)に多く分泌される女性ホルモンです。

女性の体内を、妊娠しても大丈夫なように準備するためのもので、外見上は女性らしい体を作るという働きがあります。

エストロゲンの効果として、

  • 乳腺の本数を増やす
  • ふっくらとした女性らしい体を作る
  • 肌の水分量や皮脂量のバランスが整い美肌になる
  • 髪の毛の成長を促す
  • 基礎体温を下げる
  • 自律神経を整える
  • 骨を丈夫にする
  • コレステロール値を正常化し、動脈硬化を抑制する

などの嬉しい働きがあります。

別名「美のホルモン」と呼ばれるのも納得ですね。

バストアップサプリ=植物性エストロゲン

上述のように、バストアップサプリのメイン成分はプエラリアやイソフラボンなどの植物性エストロゲンです。

エストロゲンに似た成分なので、エストロゲンと同じような効果があります。

そのため、バストアップサプリを飲んで太ってしまった=女性らしい体つきになったというのは当然あり得ることなのです。

太ってしまった場合の対処法

太る

バストアップはしたい、でも太りたくない・・・そんな場合にはどうすればよいのでしょうか?

サプリの摂取量を控える

まずすぐに行いたいのが、サプリの摂取量を控えることです。

もしかしたら、それまで摂取していた量では、自分で分泌しているエストロゲンと合わせると多すぎた状態だったのかもしれません。

早くバストアップしたいからと最大量を飲んでいたならなおさら飲む量を減らしてみましょう。

少しずつ自分に合った量を調整しながら、どの量が最も自分の体に合っているかを工夫することが大事です。

量を減らしたら意味がないんじゃないか?効果がなくなってしまうのではないか?と不安に感じるかもしれませんが、全く摂取しなくなるわけではないので大丈夫です。

食事を改善する

バストアップサプリを飲んで体重に変化があった場合は、食生活も見直していきましょう。

バストアップサプリでの摂取量を控えたことが不安なら、食事からバストアップ成分を補給する方法がおすすめです。

ボロン

エストロゲンを活性化するホウ素の一種。りんご、キャベツ、プルーンなどに含まれています。

ゴマグリナン・イソフラボン

ポリフェノールの一種で、エストロゲンに似た働きをする成分です。

ゴマ(殻に覆われているので、食べる時にはすって食べるようにしましょう)、大豆製品(豆乳・豆腐・納豆・黄粉など)、ザクロ、ヤマイモなどに含まれています。

ビタミンE

エストロゲンを作る卵巣機能を高める成分です。かぼちゃ、アーモンド、アボガド、大根の葉などに含まれています。

栄養バランスの取れた食事を続けるようにしましょう。

睡眠の質を改善

睡眠も、女性ホルモンや成長ホルモンに関わる重要なキーワード。

バストアップサプリを少量でも活用し、より効果的にバストに働きかけるためには、睡眠の質も改善していきましょう。

各ホルモンが最も分泌されるのは、入眠後の数時間です。質の良い睡眠を取るために、自分に合った寝具を選び、寝室の環境も整えましょう。

適度な暗さ・湿度・温度のほかに、アロマを使って嗅覚からもリラックスできる空間を作るのがおすすめです。

また寝る前は、テレビやゲームやスマホなど脳を刺激させ興奮させる行為は控え、落ち着いてゆっくり過ごすことも大事なポイントです。

血液が消化で使われないように寝る前の飲食も控えると良いでしょう。

運動

過剰な脂肪を燃焼させ、丸みをおびた女性らしい体を作ろうとするなら適度な運動をするのもおすすめです。

ただ、バストが激しく揺れるようなハードな運動はNG。

本来、バストを構成するはずのお肉が流れてしまったり、バストを支えるクーパー靭帯が切れて下垂の原因となって、バストアップが難しくなってしまいます。

運動をするなら脂肪燃焼効果の高いウォーキングなどの有酸素運動を、しっかりバストを揺れないように保護してから行いましょう。

まとめ

エストロゲンと同じ働きをする植物性エストロゲンの入ったバストアップサプリを飲めば、太る可能性は誰にでもあります。

もし太ってしまった場合は、摂取量を調整し、食事や日常生活、運動も併せて体重をコントロールしていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)