ブラジャーで美バストメイク!綺麗なバストを作る秘訣を紹介します!

ブラで周りのお肉をバストにホールド

バストはただ大きくなっても仕方がない!

ただ大きいだけでは服を着たとき、かえってだらしなくも見えてしまいますよね。

そうならないよう、綺麗にバストラインを作ることが大切。

形の良いバストの条件は、「正三角形」です。

鎖骨の中央、左右の乳頭を線で結んだとき、「正三角形」になるのが最も美しいバスト。

この「正三角形」のバストを作るには、ブラジャーの付け方がポイントです。

ブラジャーはほとんどの人が毎日着けているもの。多くの時間をバストと接しているから、バストメイクに大きな役割を持っているのです。

そこで今日は、ブラジャーでの美バストメイクをご紹介します。

周りのお肉をブラにきちんと入れ込む

周りのお肉をブラにきちんと入れ込む

ブラの脇からお肉がはみ出していませんか?

そのはみ出したお肉、本当ならバストになれるお肉です。

カップの中に手を入れて、脇のお肉もきちんとブラの中に入れましょう。

そのために、ブラを着けるときは前屈みになるのがポイント。お腹や背中に流れてしまっているバスト周りのお肉をブラの中に集めやすくなります。

上から、左右から、きちんとお肉を集めてきましょう。

カップの中に綺麗にバストを入れ込むことで、サイズアップだけでなく、綺麗な形に整えることができます。

ブラがぴったりフィットしているかチェック

ブラがぴったりフィットしているかチェック

アンダーバストからお肉がはみ出している場合は要注意。

きちんと入れ込んでもはみ出してしまうなら、アンダーがきつい証拠です。締め付けすぎはバストの成長に悪影響を及ぼすので気をつけて下さいね。

さらに、ブラのカップがバストに食い込んでいないかも要チェック。

はみ出しているお肉も、カップの中に綺麗に納められれば、サイズアップもできますし綺麗な形を作れます。

もし、ブラのカップがバストに食い込んでいる場合は、カップが小さい証拠。小さいブラを着けていると、バストの形を崩してしまいます。

その上、バストを押さえつけてしまうので、バストアップを妨げる原因にも。

ブラのカップが小さい場合は、できるだけ早くサイズがあったものに切り替えて下さいね。

左右のバストの大きさが違って片方だけ食い込んでしまう場合は、大きい方に合わせるのが正解です。小さい方のバストは、パッドを入れるなどして調整しましょう。

左右のバストとも、カップからはみ出していない、カップが浮いていない状態を作るのが、美バストメイクのポイントになります。

ブラの位置を確認

ブラの位置を確認

意外と多いのがブラの位置が低すぎるというパターン。

洗濯をすると、どうしてもストラップの位置が変わってきます。そのために、ストラップの長さが緩んだ状態のままブラをつけてしまうようです。

最初にご紹介した通り、美バストの条件は正三角形。鎖骨中央から各乳頭までの距離が長くなりすぎないように、適切な位置にストラップを調整して下さい。

理想の位置は、肩甲骨のすぐ下辺りになります。ブラジャーの位置が低すぎると、美バストの正三角形が作れなくなってしまうので、気をつけて下さいね。

また、ブラのサイズは合っているはずなのにどうしても綺麗につかない場合。ストラップの長さが原因のことが多いです。

ブラが浮いてしまう、カップから肉がはみ出してしまう、といった場合、まずはストラップの位置を調整してみて下さい。

そうすることで、買い換えなくても案外すっきりカップの中に収まることも多いです。

面倒ですが、ブラをつける度にストラップの長さを確認するのが、美バストへの近道です。

ブラの位置をこまめに修正

ブラの位置をこまめに修正

ブラは意外とズレやすいもの。動く度にズレる、と思っていた方が良いです。

朝、せっかく綺麗な位置でブラをつけたとしても、動けばすぐズレてしまいます。

そうすると、せっかくカップの中に詰めたお肉も、動けば動いた分だけ、またブラから出て行ってしまいます。

周りのお肉がきちんとバストのお肉に形状記憶されるまで、ブラの位置はこまめに修正するのがおすすめです。

アンダーの位置を調整し、バスト周りのお肉をぎゅっぎゅっと、カップの中に詰め込んで下さい。脇や背中だけでなく、二の腕やお腹からも引っ張ってきてみて下さいね。

脂肪は流動性があるので、こまめに修正をしていけば、そのうちバストのお肉になってくれるはず!あなたの根気がためされています。

ブラの位置の修正は、1日2、3回程度では全然足りません。

本当に動く度にズレてしまうので、トイレに立つ度に直すくらいした方が良いです。

化粧直しよりも頻繁に、意識して行うようにして下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

一つ一つはちょっと面倒臭いかも知れませんが、習慣化してしまえばなんということはありません。

朝、ブラをつけるときにバスト周りにお肉をブラの中に集めること、ブラの位置、ブラのフィット感の確認を、無意識にでもできるようになれば、とっても楽にできちゃいます。

後は、日中、こまめにブラの位置を修正すること。朝つけたままの状態をできる限りキープすることができれば、綺麗なバストに、お肉が形状記憶されていきますよ。

ぜひ試してみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)