バストアップクリームの選び方「大事なのは成分です!」

バストアップクリーム

バストアップクリームを使ってバストマッサージをすると、バストアップ効果が高まります。

でも実際、バストアップクリームの何が良くてバストアップが叶うのでしょうか?

バストアップクリームとバストマッサージは一緒にすると良いとよく言われますが、

バストアップクリームはバストマッサージを補助するためだけの役割ではありません。

マッサージをしなくても、それ自体にバストアップ効果のあるものが配合されています。

では、バストアップクリームには、一体どのような成分が配合されているのでしょう?

今回は、多くのバストアップクリームに配合されている成分をご紹介していきたいと思います。

バストアップクリームの成分を良く知って、お気に入りのバストアップクリームを見つけて下さいね。

バストアップクリームの成分にはどんなものがあるの?

バストアップクリームは成分

バストアップクリームの成分は、大きく分けて3つあります。

  1. 女性ホルモンと似た働きがあり、乳腺を活性化させるもの
  2. バストの脂肪を増やすもの
  3. バストにハリと艶を与えるもの(美容成分)

などが配合されています。

最後の美容成分以外の2つは、どちらか1つだけが配合されていることが多いです。

それでは、それぞれの成分について少し詳しく見てみましょう。

女性ホルモンと似た働きがあり乳腺を活性化させるもの

プエラリア

女性ホルモンに作用するので、女性らしいバストラインを作るのにおすすめの成分です。

代表的な成分として、プエラリアやイソフラボンがあります。

とくに、プエラリアが配合されているバストアップクリームはとても多いです。

バストは脂肪が9割、乳腺が1割の割合でできていますよね。バストを大きくするには、脂肪を増やすか、乳腺を刺激するか、どちらかが必要です。

プエラリアは乳腺の方にアプローチします。プエラリアのバストアップクリームを塗ると、乳腺に働きかけて乳腺が発達しやすくなります。

乳腺に働きかけるので、脂肪が少ない痩せ型の人にも効果が期待できます。

プエラリアの副作用に付いて

プエラリア配合のバストアップクリームは、副作用が心配されている面もあります。

女性ホルモンのうち、エストロゲンの分泌量を活発化させるので、もう1つの女性ホルモンのプロゲステロンとのバランスが崩れてしまうことがあるのです。

ホルモンはバランスがとれている状態が一番良いので、バランスが崩れてしまうと、月経不順や不正出血、肌荒れなどの問題が起こることもあります。

女性ホルモンに関わるため、バストアップ効果は高いのですが、その分、副作用に悩まされることもあると頭に入れておいた方が良いでしょう。

とは言え、バストアップクリームは外から塗るものです。

ダイレクトに中に届くサプリメントと違い、リスクは少ないと言えます。

使う量や使う時期などを調節して、様子を見ながら使用すると良いのではないでしょうか。

とくに、ホルモンバランスがデリケートになる生理時期は使用を避けるなど、工夫してみると良いでしょう。

ちなみに乳腺を刺激する成分なので、プエラリアはバストマッサージとの相性は良いです。

プエラリア配合のおすすめバストアップクリーム

バストの脂肪を増やすもの

バストの脂肪を増やす

プエラリアに代わり、最近のバストアップクリームに増えてきたのが「ボルフィリン」という成分です。

脂肪を増やし脂肪を蓄積する効果がある成分で、バストのボリュームアップにオススメです。

ボルフィリンは、バストの9割を占める脂肪にアプローチする成分。

入浴中もしくは入浴後に、滞ったリンパを流して血流を良くしてからバストに塗ると効果的です。

ボルフィリンで増えた脂肪は、減りにくいと言われています。つまり、一度大きく育ててればその大きさをキープしやすいということです。

ボルフィリン配合のバストアップクリームの注意事項

脂肪を増やし蓄積する効果があるので、アンダーバストやデコルテなどにも伸ばしてマッサージしてしまうと、そこにも脂肪がついてしまう可能性があります。

マッサージクリームとして使用するときは、バストのみのマッサージに使用してください。

ボルフィリン配合のバストアップクリームは、プエラリア配合のバストアップクリームに比べて副作用がないと、最近とても人気です。

でも使い方を間違えると、ちょっと残念なことになりかねないので、気をつけるようにして下さいね。

ボルフィリン配合のバストアップクリームの注意事項

ボルフィリン配合のバストアップクリームを手で塗った後は、必ずすぐ洗い流しましょう。

そのままにしておくと、手の脂肪細胞が増殖してしまうことがあります。

副作用については、心配いりません。

ボルフィリンは女性ホルモンに関与していないため、ホルモンバランスを崩しません。どの時期でも安心して使えます。

ボルフィリン配合のおすすめバストアップクリーム

バストにハリと艶を与えるもの(美容成分)

バストにハリと艶

美容成分はほとんどどのバストアップクリームにも配合されています。

有名なのは、プラセンタ、スクワラン、ヒアルロン酸など。

バストに潤いを与えて、ハリと艶をもたらします。

もう1つ忘れてはならないのがコラーゲンです。

コラーゲンは元々体内でも生成できる成分なのですが、年をとると生成する力が減ってきてしまいます。

コラーゲンはハリや弾力に関わる成分でもあり、バストを支えるクーパー靱帯の主成分でもあります。

だから、バストのハリや艶にはもちろん、下垂防止のためにも重要な成分です。

下垂が気になってきた方は、コラーゲン配合のものを選んでみて下さい。

美容成分が豊富に配合されているバストアップクリーム

まとめ

バストアップクリームの代表的な成分「プエラリア」「ボルフィリン」についてご紹介しました。いかがだったでしょうか?

どちらの成分も一長一短あります。最近はボルフィリン配合のものばかりですが、プエラリアが悪い訳ではありません。

自分の身体に合うものを使ってみて下さいね。

また、バストは大きさだけではありません。形や質感も大切なので、バストアップクリームに配合されている美容成分も注目して、選んでみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)